令和3年度(2021年度)

自主検査について
自主検査実施日・回数
検査機関
自主検査を受付けるには?・・・
お問い合わせは・・・
自主検査実施計画表

□□□ 自主検査について □□□
 食品の安全確保を図るためには、食品関連事業者である皆さんの自主的な衛生管理の取り組みが重要なことから、食品衛生法において、その自主衛生管理等の推進が明記されているところです。
 当協会においても、製品の自主検査の推進をはじめ、食品衛生責任者による衛生管理の推進、食品衛生指導員による巡回訪問など、事業者の皆さんの自主衛生管理に向けた取り組みを積極的にサポートします。どうぞお気軽にご相談ください!
「食品衛生法」【第3条】抜粋
 食品等事業者は、販売食品等について、自らの責任においてそれらの安全性を確保するため、販売食品等の安全性の確保に係る知識及び技術の習得、販売食品等の原材料の安全性の確保、販売食品等の自主検査の実施その他の必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

□□□ 自主検査実施日・回数 □□□
 製造するすべての食品等の安全性が担保できるよう、計画的に実施して下さい。
*検査予定日に都合のつかない方は食品衛生協会の各地域食品衛生協会までご相談ください。
*予定表にない食品についても検査できますので、京都微生物研究所までご相談ください。

※自主検査実施日以外に検査をご希望の場合は、直接下記検査施設に事前で電話等で打ち合わせて下さい。

□□□ 検査機関 □□□
食品衛生法に基づく厚生労働大臣の登録検査機関
 一般社団法人 京都微生物研究所 総合科学分析センター
 〒607-8326 京都府京都市山科区川田御出町3-4
 TEL 075-593-3320
 FAX 075-593-6599

(一社)京都微生物研究所 総合科学分析センターからのお知らせ
消費期限や賞味期限を表示する際の基礎となる保存試験や栄養成分表示のための栄養分析も行っております。  詳しくは、当機関にお問い合わせ下さい。

□□□ 自主検査を受けるには (チェックシートとしてご活用下さい)□□□
□食品衛生協会の自主検査日を確認します。(搬入時間11時迄)
□検査する食品(検体)を 150〜200グラム準備。
 理化学と細菌検査を両方行う場合は、それぞれに1個、検体を準備。
  >>細菌検査用検体として 150グラム以上
  >>理化学検査用検体として 150グラム以上 を別々に準備。
  >>牛乳の検査の場合はそれぞれに 300mlを準備します。
□食品(検体)を、衛生的な容器に密封します。
  >>細菌検査を行う場合で、未包装や密封されていない食品(検体)は、
   各地域食品衛生協会に用意された「滅菌コップ」(無料)の中に入れます。
□食品(検体)に、検体名、氏名のシールを貼ります。
□保冷剤などを用いて保冷します。特に、細菌検査の場合は必ず保冷します。
検査依頼書を記入します。(各地域食品衛生協会に備え付けてあります。)
  >>弁当検査の際は、依頼書に検査される食品を忘れず記入します。

□□□  搬入・お問い合わせは・・・ □□□

□食品(検体)を依頼書および検査料金とともに、
11時までに各地域食品衛生協会へ搬入します。
なお、災害等のおそれがあるときはこの限りでありません。








* 「自主検査実施計画表」「検査依頼書」「飲用井戸水等水質検査のご案内」を見るには
「Adbe Reader」をインストールして下さい。

get Reader

▲GO TOP

一般社団法人滋賀食品衛生協会